私たちのホームページ制作

ホームページ制作する上で必要なものはパソコンの他にネットワークに接続できる環境が必要です。
ネットーワークに接続するには各種プロバイダ契約を行い、自宅でインターネットができるようにします。
ホームページを制作するには「ホームページビルダー」や「ドリームウィーバー」といったアプリケーションソフトがあると便利ですが価格も高いのでインターネットで入手できるフリーの高機能テキストエディタ(「TeraPad」、「EmEditor」など)でも制作できます。
これは主にホームページを表示するページ本体、HTMLファイルを制作するのに用います。また、HTMLファイルのデザインやレイアウトを整えるためのCSSファイルの制作にも使用します。
ホームページに画像などを掲載したい時にはフリーの画像編集ソフトでも制作はできますが、クオリティの高い画像加工を行うにはやはり有料の画像編集ソフト(「PhotoShop」など)は必要になってきます。

ホームページ制作は一昔前と比べると、オーサリングツールの進化で専門的な知識がなくても制作できるようになってきました。しかし、ホームページビルダーやドリームウィーバーといったオーサリングツールを利用し、コーディング(ソースを直接手入力で打ち込むこと)をせずに制作できるホームページにも限界がります。
SEO対策ではコーディングが重要なこともあり、オーサリングツールが生成するソースでは弱い部分もあります。
ホームページ制作会社ではオーサリングツールが生成するソースとは異なり、CSSコーディングという組み方で徹底的にソースを簡略化しています。

私たちのホームページ制作は他のWEB制作業者が行っているようなjQueryを多用したハイクオリティなてデザインを用いたWEBサイト制作も可能ですが何よりまず、お客様の見込みユーザーのコンバージョンを重視しています。
見込みユーザーの調査、認知経路分析などホームページの構築に費用をかけすぎずに効率的な制作をご提案いたしますので成果からみる費用でのコストパフォーマンスに優れています。
費用に余裕のある、または成果を上げるまでの期間に余裕のあるお客様にはハイクオリティなホームページもご提案させていただきますが、まずは成果を上げることを第一に考えております。

ホームページへ見込みユーザーを誘導するにはまず、事前の徹底した調査が必要です。
予め、見込みユーザーの傾向や趣向、経路分析、需要割合などを調査することで効果的なWEBサイト、コンテンツの制作が可能です。

ホームページ制作で必要な知識

ホームページ制作で必要になってくる知識はまずはHTMLでしょう。
HTMLが理解できていないと制作が難しくなりますのでまずは基本的なHTMLが書ける(コーディング)ように勉強してください。
そして、HTMLが一通り理解できたらCSSコーディングを行うため、CSSの基本的な記述方法を勉強します。

HTMLタグやCSSプロパティはかなり多くあり、覚える必要のないものもたくさんあります。ある程度、HTMLのコーディングの方法が理解できたら、タグを全て理解するよりも他の人が制作したホームページのソースを参考にしてそこで使用されているHTMLタグの使い方を調べたり、HTMLソースを複写して自分のパソコンで表示させてHTMLやCSSを修正してみてどのように変化するかを確認していきます。

効果的なホームページ制作で必要なこと

ホームページ制作はコンテンツ内の文章が明瞭で簡潔であるのはもちろん、サイトの構造やユーザーを迷わせないようの造りにすることが重要です。
例えば、ヘッダー、サイドバー、フッターの統一化やナビゲーションメニューの統一、外部リンクをクリックする前から分かるようにデザインや配置を工夫します。その上で有益なコンテンツ制作を行うことでユーザビリティの高い、良いホームページとなり、SEO効果も見込めます。
効果的なホームページはコンバージョンさせる内容の訴求力も必要ですがホームページにアクセスしてもらうためのSEOも重要ですが、検索エンジンもかなり進化しており今までのSEO対策ではクローラーを欺けないようになってきています。
そこで最近有効とされるSEOは、コンテンツを重視したコンテンツSEOが大変重要になってきています。
コンテンツSEOはまさに王道のSEOでサイト内に多くの魅力的なコンテンツを設置できるかがポイントです。
多くの外部サイトからリンクしてもらえるような統計や調査結果などの参考データ的なコンテンツ、ユニーク性のあるコンテンツなどが効果的です。
インターネット上にないコンテンツ、他社や他店がまだ紹介していない情報などコンテンツのユニーク性はとても重要です。

ホームページ制作でSEO対策や内部的なテクニックもそれなりに大事ですが、一番重要なのはホームページを訪れたユーザーにどれだけ有益な情報を配信できるかにつきると思います。
良いホームページはまずはユーザー目線になって制作されている、ユーザビリティが高いことが重要で内部的なテクニックは二の次でしょう。

ホームページ制作のための技術情報の配信

一言にホームページ制作といっても作り方はいろいろです。
見た目がきれいでコーディングなどの中身はどうでもいいなど、どこまでのクオリティを求めるかによりますが、私どもではホームページ制作業者として通用するレベルの技術を配信していきます。

ホームページ制作の情報をネットなどで古い情報か見極めるにはその記事の更新日の記載があれば一目瞭然ですが、記載がない場合も多いものです。
そんな時は解説に使用されているアップリケーションのバージョンが現在主流のバージョンかを確認したり他の一般的な情報で古いものがないか、フッターのコピーライトなど最近の更新日付がどこかに記載がないかも確認する上で一つの有効な方法です。

私どものメルマガ登録をすることでこのような情報の正確性に関する煩わしさもなくなり、プロの最先端のホームページ制作技術者として活躍できるようになります。

是非、メルマガ登録ください。

※申し訳ございません。現在、メルマガ配信を諸事情により一時停止しております。
お申込み受付が可能になりましたら、改めてホームページ上にてお知らせいたしますのでよろしくお願い致します。

ランディングページ型のホームページ制作

弊社では通常のホームページ制作とは別に極めてコンバージョン率の高いランディングページ型ホームページの制作も得意としています。ターゲットユーザーに特化した1ページ1ゴールのTOPページの制作です。
とても下に長いページになりますが、極めてコンバージョン率が高くなるので1商品のみのコンバージョンを重視する場合はお勧めです。

ホームページデザイン

一昔前まではネットワーク環境の悪さやブラウザ機能(表示上)による制限などでホームページのデザインもかなりの制限があり、こういった環境を考慮した上でユーザビリティを損ねないデザイン制作にかなり配慮されてきました。
しかし、ネットワーク環境やブラウザ機能の急速な発達により、ホームページデザインもDTP(紙)のデザインのように制限があまりなくなってきました。
DTPデザイナーがWEBデザインを行うことも可能になってきており、逆に制限のあるWEBデザインを行ってきたWEBデザイナーよりも純粋に柔軟なレベルの高い本来のデザインはDTPデザイナーの方が得意といっていいでしょう。
コーディングを配慮しない「見た目優先のデザイン」が行えることは制作者側にとっても自由度が上がり大きなメリットです。
伴って、メンテナンス性を落とさずに高いデザインを実現するためコーディング技術も高める必要がでてきました。

企業や店舗がホームページやその他のWEBサービスからの集客するには

企業や店舗がホームページから売り上げを上げるには制作後に見込み客のアクセス数を上げる仕組み、SEO対策や広告などが必要です。
しかし、アクセスを集めるだけでは利益は上がりません。ホームページの成約(コンバージョン)率を上げるための施策が必要になります。
これにはマーケティングに知識を利用してホームページをコンバージョン率の高い内容に改善していくことです。
その中でも競合の多い企業や店舗の場合、見込み客を効率的に獲得するにはそれなりのノウハウが必要です。
テレビCMや有名雑誌や新聞など広告費に余裕のある大手の企業・店舗であれば、特にホームページからの集客への依存が高いわけではない(大手でも重要ですが・・)のでそれほどシビアに考える必要はありませんが、小さな英会話教室ではホームページやWEBからの集客を考えた方が費用対効果的にも懸命です。

  • SEO対策
  • マーケティング

一言にマーケティングと言っても多くのことを学ぶ必要があります。
例えばチラシやホームページの内容、反応率や成約率の高いコピーライティングやレイアウトなど、各種SNSやプレスリリース、看板のデザインや顧客の囲い込み方法といったとても広い分野になります。
また、検索エンジンのリスティング広告の運用もマーケティングの知識が必要でいかに有効でコンバージョン率の高い広告文とそのランディングページを準備するかが重要で、改善を重ねて効果検証していきます。

きれいなホームページやチラシが作れる技術よりもどれだけ集客に導ける内容の集客媒体、ツールを作れる技術と知識が必要です。デザインのクオリティは100%でなくてもある程度信頼性のある80%程度で大丈夫です。
ホームページ制作は費用に余裕がない場合は特にデザインクオリティに時間と費用を費やすよりもまずマーケティングに費やすことが先決です。
コンバージョンを意識して制作された、もしくは効果検証されたコンバージョン率の高いホームページはアクセスを増やせば効果的に成果に直結いたします。SEOやリスティング広告などアクセスを集める前にまずコンバージョン率の高いホームページを制作しましょう。

ホームページのコンバージョン率を上げる有効な施策、「ホームページの最適化」の重要性

ホームページのコンバージョン率はとても重要です。
ホームページのコンバージョン率を上げる、つまり集客できるホームページの最適化が行われていないとSEO対策をしてもリスティング広告を出しても、何をしても効果が発揮できません。
多くの企業のWEB担当者がホームページの最適化を軽視している傾向がうかがえます。
実際に大手企業のホームページでもコンバージョン率が悪そうなサイトがいくつもあります。
ホームページの最適化を行うにはリスティング広告などで常に効果検証(A/Bテスト)を行うしか方法はありません。
インターネットや書籍などで参考になる改善策や効果の上がるコンテンツ要素や表現などたくさん情報がありますがそのジャンルによっても異なりますし、実際に自分のホームページで何をしたらコンバージョン率が上がるのか、実際に効果検証を行うしか答えはありません。
ホームページの最適化が最大限に行われていれば、アクセス数が少なくてもそれなりに売り上げを上げることができます。
SEO対策や広告出稿にばかりとらわれずにまずはホームページの最適化を行ってみてください。

このようなホームページのコンバージョン率の最適化はマーケティング施策が重要です。WEBマーケティングは専門性が高く自社で実施するのは難しいので専門のWEBコンサルタントに依頼するのが得策です。

私たちのホームページ制作について

各種ホームページ制作を承ります。
ホームページ制作に必要なjQueryの開発、HTML5&CSS3によるインタラクティブコンテンツ、スマートフォンなどの各種モバイル端末も考慮したレズポンシブデザインによるテンプレート制作など私たちのコンテンツ制作技術にご期待ください。

ホームページ制作で重要なのは制作開始の企画段階から制作後の運用時の効果、集客までトータルに戦略的に考えていくことが重要です。
とりあえず制作してから集客などは制作後にということでは一貫性のある効果的なホームページができません。
制作後の修正が多くなり無駄な時間と費用がかかってしまいます。
制作自体はすぐにできます。ホームページを制作してどのように成果を出すのか設計段階から考えて効果的な制作と運用をご提案いたします。

保守管理・運用サポート

私どもではお客様のホームページ制作後も継続的に集客に導くための対策や保守管理やコンサルティングを行っております。
ホームページは制作し、公開だけしても、まず見込み客に見てもらえません。
せっかく作ったホームページを見込み客に見てもらうための対策が必要です。
SEO対策やSNSからの誘導など様々な対策、WEBマーケティングが必要です。
これらのホームページ公開後の定期的なご提案などの運用サポートを総合的に行っています。もちろん、ホームページの修正や更新費用も含まれますのでご安心ください。
また、お客様の更新作業自体がSEOに有利になるような更新方法やホームページ構造についてもご提案、新規サイトの制作、リニューアルもしてきます。

保守管理・運用サポート費用

保守管理・運用サポートの費用はホームページの規模や対策ワードによって異なります。
最安、50,000円からで引き受けておりますのでお見積もりをご希望の方はお問い合わせください。

また、コストを最低限に抑え、現状のホームページをメンテナンス性の高い構造への改良や内部SEO対策を施すご提案もさせて頂きます。
毎月、保守管理費用内で修正や更新を行いますが、費用内で収まらない場合は別途、お見積もりとなります。
対応する納期をご相談いただくことで費用内に収めることも可能です。