SEO対策について

SEO対策とはYahoo!やGoogleなどの各種検索エンジンの検索結果で上位表示できるように最適化を行うことです。
特に見込みユーザーが検索するキーワードでSEO対策を行うと集客や売り上げに直結するため、各企業や店舗などではホームページを制作した後、何等かのSEOに取り組むことは当たり前になってきています。

ホームページを制作して公開するだけでは何も効果はありません。SEO対策などで見込みユーザーをホームページへ導いて初めてホームページの効果、集客、成約が見込めます。
ホームページをもつことは当たり前、SEO対策などでいかに集客することに努力するかが利益に大きく影響してきます。
SEO対策には検索エンジンが推奨する「ホワイトハットSEO」と検索エンジンが嫌う「ブラックハットSEO」があります。
ブラックハットSEOは当然、検索エンジンから「ブラックハット」だと認知されるとスパム認定を受ける可能性もありますしかなりリスキーな対策です。
ただ、ホワイトハットSEOは正式に公開されている手法なので書籍やWEBなどで調べて、誰でも行うことのできるSEOです。
ホワイトハットSEOはSEO対策のスタートラインですので当たり前の対策になります。
やはりライバルよりも上位表示しようとすると検索エンジンの嫌うグレーな対策(検索エンジンを騙す)を行う必要があります。
ペナルティを受けてしまうようなブラックハットSEOまで行わずにペナルティを受けないぎりぎりのグレーな対策を行うことが最も効果的なSEO対策でライバルに差をつけていくことができます。
検索エンジンにスパム認定されないよう、いかに検索エンジンを騙して、良いホームページにみせるかが一般的なSEO対策の重要なポイントです。
もちろん、グレーなSEO対策を行わなくても、上位表示しているサイトも多くありますが、そういったサイトは大企業など、既にブランド力が高いサイトですので作為的な外部対策をしなくても知名度があるため、自然と大量の質の高い被リンクを受けられるからです。

SEO対策とは大きくホワイトハットSEOといわれるものとブラックハットSEOといわれるものがあり、ホワイトハットSEOは検索エンジンが推奨するSEO対策で主にホームページ内部の構造を検索エンジンに認識されやすくする最適化のことをいいます。

多くのライバルがSEO対策を行っている中、ホワイトハットSEOのみでは検索エンジン上位表示できないことは予想できます。
そこで検索エンジンが嫌うSEO、ブラックハットSEOを行うことで検索エンジン上位表示が可能になります。
もちろん検索エンジン的にはNGな行為ですのでペナルティを受けてインデックス削除なんてこともあり得ます。
検索エンジンにいかに良質なホームページであるかのように欺くことペナルティを受けないようにすることが効果のあるSEO対策と言えます。

SEOの基本

SEO対策とはホームページを「Yahoo!」、「Google」といった大手検索エンジンで検索結果で上位表示されるための対策のことをいいいます。
当然ライバルもSEO対策を研究してなんとか上位表示できないか常に努力しているためビッグワードや激戦ワードになると上位表示するのはかなり困難です。
SEO対策には大きく内部対策と外部対策があり内部対策は主にホームページ内の構造やコーディングをSEOに有利なように見直すことをいいます。
書籍やインターネットなどで効果のあるSEO内部対策の情報がいろいろ掲載されています。
有名なものはタイトルタグ内やh1タグ内に対策ワードを含めたり、ページ内のキーワード出現率の調整やその対策ワードを含むコンテンツのページ数や1ページ内のボリュームなど、効果の高いものから低いもの、現在まったく効果のない対策まで様々な情報があります。

外部対策は自分のホームページではなく他の外部のホームページやWEBサイトから自分のホームページにリンクしてもらういわゆる被リンク対策のことをいいます。
被リンクはもちろん多い方がいいのですが、WEBサイトにはオーソリティという検索エンジンが独自の基準でそのWEBサイトの点数を決めています。
そのオーソリティが高いサイトからのリンクが質の高いリンクで、外部対策としては効果があります。
オーソリティの低い1000個のWEBサイトからの被リンクよりもオーソリティの高い1つのWEBサイトからのリンクと言われるように被リンクは量も必要ですが、何より質が重要になってきます。
また、ある程度の難易度(競争率)のワードになってくると内部対策はそれほど効果がなく外部対策の影響が対策サイトのほとんどの評価ということになります。
SEO対策は内部要因よりも外部要因が大変重要ですので内部コンテンツはSEOのことをあまり気にせずユーザーに有益な情報配信を心がけるといい結果が出るでしょう。

また、W3Cチェックも重要ですがSEOの効果としては低いようです。(※参考

SEO内部対策

SEO内部対策とはホームページ内のソースやコンテンツを最適化していくことを言います。
内部対策に関しては書籍やインターネット上にテクニックがいろいろ掲載されていますので修得するのは比較的簡単でしょう。
タイトルタグやメタタグ内に対策ワードを含めたり、コンテンツ内にも対策ワードを含めます。タイトルタグやディスクリプションタグは前ページで重複しないようにユニークにすることが望ましいです。
その他、構造化タグの使用や、サイトのリンク構造の見直しなどがあります。
内部対策はSEO有識者によって意見が分かれるところでもありますが、対策ワードの関連コンテンツがたくさんあることは確実に効果のあるの王道の内部対策です。

SEO外部対策

SEO外部対策とは自分のホームページ内ではなく外部のWEBサイトからのリンク、つまり被リンクの質と量を増やすことです。
内部対策はいくらでも研究して最適化を目指せますが外部からのリンクは純粋に外部のサイトが「良いサイト」と評価しているといえ、本来、故意に稼ぐことのできない要因であるため検索エンジンは外部要因をより重視する傾向にあります。
ただし、そこに目をつけたSEO業者による自作自演リンクや外部のサテライトサイト(自作自演サイト)を機械的に大量に作る行為が蔓延し検索エンジンから不自然なリンクとして警告を受け、インデックスから削除(検索結果に表示されなくなる)されることもあります。

内部対策と外部対策の一般的な内容を記載しましたが、検索エンジンのアルゴリズムは日々、変化しており対策も変わってきています。一年前まで効果のあった対策が今は全く効果がないなんてこともありえます。
その代表的な例として昔は効果のあったメタタグのキーワードタグは現在効果がなくなっており、記載していないサイトも多くなってきました。
確実に将来も変わらないことは「ユーザーに有益な情報」を配信しているサイトを検索エンジンは上位に表示することを目指しているということです。

成果報酬型のSEO対策

最近増えてきている成果報酬型のSEO対策。
しかし、成果報酬ということで最初のちょっとした内部のソース調整、被リンク対策など行って後は何もしない業者が多く存在します。
上がれば費用が請求できてラッキーということです。
成果報酬型SEOを依頼している間は当然、支払条件の都合上、他のSEO業者にも依頼できないと思います。
SEO対策を重視している方はそのような成果報酬型SEOではなく継続的に対策を行ってもらわないと、時間の無駄になってしまいます。
成果報酬型SEOが悪いとはいいませんが、上がっていなくても上がっていても何も作業していないことが多い成果報酬型SEOに費用を費やすのはいかがなものでしょうか?
お客様にとっては成果が出ないと費用を支払う意味がないのは分かりますが、私の考え方としては上がらなくても作業をし続けてくれる業者(対策)に費用を支払うべきで、最初の作業だけであとは何もせずにたとえ上がったとしても費用を支払うべきではありません。
順位が上がった後も被リンク用のサイトの更新やクオリティアップを継続して行うことが大切です。
また、成果報酬でも長い間、半年以上(ビックワードでは1年)効果が表れない場合は被リンクの状況や被リンクサイトのオーソリティの状況などを確認し、一度契約解除を行うことも検討しましょう。
SEO業者は詐欺業者というのはよく言われたもので、SEO対策は目に見えないのでなかなか素人には判断が難しいとは思いますが、誠意が感じられる、いろいろ相談に乗ってくれる業者を選ぶといいと思います。

コンテンツSEO

ユーザーに魅力的なおもしろいコンテンツ作り、それによってアクセスが上がる!これがホームページ制作の醍醐味です。

他のホームページにはない内容のコンテンツ、自分の研究成果を掲載しているような技術的なコンテンツや知識といったユーザーに有益なユニークなコンテンツが重要です。検索エンジンもユニーク性のあるコンテンツを好み、SEO対策にも効果的です。

コンテンツ制作や更新のモチベーションを上げるためにも一方向のコンテンツ配信、情報配信ではなくユーザーがコメントできたり反響が実感できるような機能、例えばブログなどでおなじみのコメント投稿機能や点数、「いいねボタン」など双方向で情報交換できる仕組みが望ましいですね。

FaceBookの「いいねボタン」やツイッターなどのSNSとの連携もコンテンツの露出を高める上では効果的です。

コンテンツ制作はとにかく制作者、配信する側が作っていておもしろいと思える内容でないとユーザーも面白いとは思いません。

SEOのためや仕事のノルマのためではなく、書きたい!文章にして残したい!と思えた時に書けるコンテンツはとても魅力的なのではないでしょうか。

ブラックなSEO対策

SEO対策には検索エンジンが推奨するSEO「ホワイトハットSEO」と検索エンジンを騙すSEO「ブラックハットSEO」があります。

ブラックハットSEOは当然、検索エンジンから嫌われるため、みつかればスパム認定を受けてペナルティが課せられます。つまり、検索順位が急激に下降、もしくは検索エンジンのインデックスから削除されて検索エンジンで表示されなくなってしまいます。
このようにブラックハットSEOをかなりのリスクを伴いますが、いまだに検索エンジンを騙す行為は日常的に行われています。
SEO業者が行うのはブラックハットまではいかなかうてもかなりグレーな対策を行います。
それはホワイトハットSEOは普通に書籍やネット、検索エンジンのマニュアルにも公開されていることで、ホワイトハットは行って当たり前だからです。ホワイトハットSEOはSEO対策のスタートラインなのです。
そこからどれだけグレーな対策を行うかでライバルよりも上位に表示するかが決まってきます。

ブラックハットSEOは危険?

ブラックハットSEOは検索エンジンからペナルティを受けるリスクがあり、危険といえば危険です。
しかし、ホームページから売り上げを上げているほとんどのライバル業者がこのようのブラックハットSEOを当たり前のようにSEO業者に依頼し、行っています。(実際にはライバル業者は依頼したSEO業者がどのような対策を行っているかは把握していないことが多いです。)
そんな中、キレイごとでは済まない部分もあり、ペナルティを受けない程度に多少のブラックハットSEOを行うことがWEBの世界では一般的で実力のあるSEO業者ということが常識になってきています。
しかし、ブラックハットSEOを行わないと効果的なSEO対策とは言えない現状ではありますが、その場しのぎ的な施策でもあります。
今後、ペナルティを受けて大幅な順位下落のリスクが常につきまといますのでブラックハットSEOを行うと同時に将来を見据えて検索エンジンのガイドライン違反ではないホームページ本来のSEO、つまりサイトのクオリティを高めるコンテンツSEOも同時に行っていくことがリスク回避のための理想的な戦略といえます。

理想的なSEO対策

ブラックハットSEOが効果的なSEO対策であると前述しました。
しかし、ブラックハットSEOである以上、常にペナルティを受けるリスクを伴い、長い目で見ると安心できません。
SEOの本質は検索エンジンに嫌われない、つまりガイドライン違反をしないことです。
そのため理想的なSEO対策は「コンテンツSEO」であると言えます。
「コンテンツSEO」はいかに良質なコンテンツを増やし続けるかです。良質なコンテンツページが増えれば増えるほど、自然な被リンクも増え、このような方法で検索上位表示できた場合はSEO対策としては非常に有効で安定した上位表示が行えるでしょう。

SEO対策は難しい!?

ホームページ制作では知識のない方でも見えるものなので「良い」、「悪い」は分かると思います。
内部的なコーディングやデータ容量などSEOに影響する部分は見えない、また見えたとしてもどれがいいのか悪いのかが知識がないと判断つかないと思います。
とくにSEO対策では、ホワイトハットのみではライバルに勝つのは難しいのが現状です。

SEOに関して、京都のホームページ制作会社に勤めていた頃の私の考えと、独立起業した現在の私の考えはかなり変わってきました。
SEO対策といってもクライアントの状況によって対応は変わってきます。

  • ブランド力のあるクライアント。
  • 今日、明日の経営が厳しいクライアント。
  • 散々SEO対策を他のホームページ制作会社に依頼されてきたクライアント。
  • SEO対策の効果にと費用対効果のギャップ。

ブランド力のあるクライアントに関してはSEO対策は最低限の内部対策のみで外部対策などはほとんど必要ないケースが多いです。
SEO業者に依頼する必要のあるクライアントは「今日、明日の経営が厳しい」とはいかなくても半年後までの収益が心配など現状の収益に満足していない、不安を感じているクライアントでしょう。
または、現状のSEO業者の費用や効果に不満がある、いわゆる費用対効果にギャップを感じているクライアントも「質のよいSEO対策が必要」という意味でSEO業者を求めています。

SEO業者の選び方

SEO対策というのは実績がほとんど通用しません。
2年前の実績なんて現在は通用するか分かりません。ただ、昔からSEO事業で実績を上げていた、つまり研究を行っていたということは評価できますが、現在、効果のある対策が行えてるとはいえません。また、どのような対策を行うのか具体的に提示できることも大切で企業秘密などと言って誤魔化すような業者は要注意です。
「ペナルティを受けない安全な対策」など「効果のあるSEO対策」という意味ではありえませんのでペナルティを受けるリスクもある前提でペナルティを受けた際、どのように解除対応してもらえるかを説明できるかもポイントです。
また、以前までに付き合いのない新規でSEO業者を探している場合は、初期費用が無料のSEO業者に依頼するといいと思います。初期費用だけ請求されて、その後のSEO対策の作業は何もしない「詐欺業者」も存在しますので注意が必要です。

SEO対策プラン

SEO対策は弊社では専門に行っておりませんが信頼できる協力会社をご紹介できます。
SEO対策は外部会社に発注いたしますが、ブラックハット、検索エンジンからのスパム認定を受けないように細心の注意を払って管理できるよう密接に連携しております。
私どもでも十分なSEOの知識がございますので責任をもって管理させていただいておりますのでご安心ください。

下記、SEO対策費用の目安です。

ライトプラン

難易度の低いスモールワードを対象としたSEO対策です。

費用 15,000円(/月)

ミドルプラン1

比較的、難易度の低いミドルワードを対象としたSEO対策です。

費用 25,000円(/月)

ミドルプラン2

中程度の難易度のミドルワードを対象としたSEO対策です。

費用 50,000円(/月)

ビッグワードプラン

難易度の高いビッグワードを対象としたSEO対策です。

費用 100,000円(/月)

※お客様のご要望のキーワードが上記のどのプランになるかは私どもで調査し、ご提案させていただきます。

※私どもでは対応できないキーワードやお客様のドメインが過去にペナルティを受けているなど、私どもの方でご協力できないと判断させていただいた場合は申し訳ございませんがSEO対策をお断りさせていただく場合がございますので予めご了承ください。

※成果報酬ではありませんので上記費用は順位が上がっていなくてもご契約いただいた月から費用が発生します。